ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|画家 拝山が残した“骨筆”
私の名品コーナー
2007年03月20日

画家 拝山が残した“骨筆”

             〜尺骨切断を乗り越えた執念の凄味〜 

                太宰府市在住  吉嗣 文成さん

太宰府で 料亭“古香庵” を営む吉嗣家には
江戸から昭和にかけ 梅仙、拝山、鼓山 と三代の著名な画家がいました。
この名品は拝山が明治4年 台風の被害で右腕を尺骨から切断した時に、心の戒めとして残した骨筆です。
利き腕を失い、その骨を筆に代えて左手で描き続けた画家 拝山の執念と凄味が伝わってくる吉嗣家の家宝だそうです。
 
画家 拝山の“骨筆”
画家 拝山の“骨筆”
 
拝山の“執念と凄味”が伝わってきます
拝山の“執念と凄味”が伝わってきます
 

ページトップへ