ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|時代を反映する沖縄切手
私の名品コーナー
2007年07月05日

時代を反映する沖縄切手


〜円・ドル併用切手は垂涎の的とか〜 

  太宰府市在住  平野 勝昭さん

占領下の沖縄で初めて切手が発行されたのは、1948年7月1日でその図柄は「ソテツ(5銭)」でした。
そして占領下の最後が、1972年4月20日の「ユシビン(5セント)」でした。
初切手から50年を記念して発行したのがこの2枚の80円切手です。







もう一つは、72年5月15日の沖縄の本土復帰の日から移行期のわずか20日間運用した、円・ドル併用の世にも珍しい切手です。
世界の切手マニア垂涎の一品だそうです。
 
 



ページトップへ