ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|木目(?)も鮮やか!樹脂で作った納曽利面(なそりめん)
私の名品コーナー
2007年11月12日

木目(?)も鮮やか!樹脂で作った納曽利面(なそりめん)

         筑紫野市在住 久芳 康紀 さん


まるで楠木の一刀彫と見間違える様な木目も鮮やかな面です。
久芳さんが40年ほど前友人の作家に注文して作ってもらった30個の中の一つだそうです。
材質は南方産の樹木の樹脂を固め、それを掘ったものだそうで見た目に比べ実に軽い面です。

納曽利とは雅楽の時に使われる面で、観世音寺に伝わる納曽利面は重要文化財に指定されており、この面はそれを模して作ったという事です。
 

面の持つ威厳が愛好家の関心を集め、今では数少ない一つになってしまったという事です。
 


ページトップへ