ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|“宝くじに当たる”と北京の骨董市で購入
私の名品コーナー
2008年12月15日

“宝くじに当たる”と北京の骨董市で購入

         筑紫野市在住  清原 弘之 さん


中国には昔から様々な習わしがあり、長寿を祝う4大霊獣の中の2つ、「蛇」と「亀」のこの飾り物は、北京の骨董市では“宝くじに当たる”といって売っていたそうです。
プラスチックの中に、本物を生き埋めにした残虐さがエネルギーを生むのかもしれません。
昨年の年末ジャンボ宝くじをこの上に置いたものの、残念ながらご利益はなかったいう事です。
 

腐敗防止の技術等どんな工夫が施されているのか分かりませんが、中国という国は机以外は何でも食べるというだけあって、奥深い謎を秘めた国といえそうです。
 
 

ページトップへ