ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|本場韓国製 復活 井戸茶碗
私の名品コーナー
2009年03月03日

本場韓国製 復活 井戸茶碗


 北九州市小倉北区在住  今富 敬五さん

井戸茶碗は、韓国では生活雑器として、庶民の間で広く使用されていました。
ところが、秀吉が朝鮮出兵の際、現地で出くわした井戸茶碗に感嘆した武将達が、陶工を日本に連れ帰ったため、井戸茶碗は以降400年間、製作が途絶えていました。
この井戸茶碗は、女流陶工 張今貞さんが、釜山近郊の河東で復活を期して製作したものを、20年程前、現地で今富さんが手に入れたそうです。
 

庶民の茶器だっただけに繊細さには欠けますが、茶碗が手のひらにしっとりと馴染み、抹茶の味もおおらかで格別だそうです。
 


ページトップへ