ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|縦糸18,000本に愛を込め 妻の還暦祝いに手織りマフラー
私の名品コーナー
2009年03月16日

縦糸18,000本に愛を込め 妻の還暦祝いに手織りマフラー

      北九州市小倉南区在住  大野 浩邦 さん


朱色が映える博多平織のあでやかな仕上がり。

それもそのはずです。
愛する妻のために、“織の名人”大野浩邦さんが、房からあふれんばかりの縦糸に18,000本もの絹糸をつぎ込んで織り上げたものです。
 

縦糸に愛を込め、18,000本も使ったマフラーは、世の中に二つとないと自慢するだけあって、生地は厚みに富み、肌ざわりも上々です。
 

大野さんは、九博で開催された「九州の伝統工芸展」の作品を見て、奥さんの還暦祝いに贈るには“これだ”と思い立ち、一流の作家に負けてなるものかと、わずか一週間でこのマフラーを織ったということです。
 


ページトップへ