ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|新羅の祭器 “騎馬像(きばぞう)”
私の名品コーナー
2009年05月18日

新羅の祭器 “騎馬像(きばぞう)”

     筑紫野市在住 水辺 真さん

1300年程前に、新羅の都・慶州の宮中で使用されていたらしい燭台か香台です。
その使途の詳細は不明ですが、その繊細な仕上げの虜になったそうです。

しかし、今から35年前、釜山の空港の出国検査で、当時の文化財持ち出し禁止令にひっかかり、持ち出しができなかったいわくつきの品だそうです。

そして10年程前に、韓国の長年の“チング(友人)”がこの騎馬像への水辺さんの思い入れを覚えていてくれて、友情の証として改めてプレゼントしてくれたそうです。
 

同時代の唐の兵馬俑を思わせる雰囲気もありますが、人馬共にどことなく愛嬌のある風情に、見ていて飽きない癒し系の所を水辺さんは気に入っているとのことです。
 

ページトップへ