ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|やきものと戦争 日の目を見なかった「陶貨」
私の名品コーナー
2009年08月03日

やきものと戦争 日の目を見なかった「陶貨」

              佐賀県有田町在住 竹重 米雄さん

太平洋戦争の末期、焼き物の産地有田では金属製の硬貨の代用として「陶貨」が作られました。

銅やスズ・アルミニウム等の金属が底をつき、窮余の策として考案されたのが非金属の「陶貨」です。
 

タイルや服のボタンを作っていた有田町の竹重米雄さん(89)の会社がこれを引き受け、直径1.5cm、重さ0.8gの、表の富士山と裏の桜をデザインした一銭玉を作って準備していました。
 

しかし、戦局が急を告げてきたため、1945年の6月から流通することになっていた「陶貨」は結局日の目を見ず、竹重さんの自宅にひっそりと眠ったままでした。
 

ページトップへ