ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|サザン朝ペルシアの“白瑠璃碗(しろるりわん)”か
私の名品コーナー
2010年01月01日

サザン朝ペルシアの“白瑠璃碗(しろるりわん)”か

   福岡市博多区在住 榎本 一彦さん


3世紀から7世紀かけて栄えたサザン朝ペルシアで作られた、カットガラス碗ではないかとみられています。

ガラスを吹いて碗を作り、切り子を施したもので、当時は高級交易品として外貨稼ぎ用に作られ、シルクロードを経て日本までたどり着いたと言われています。
 

正倉院にも同じものが所蔵されていますが、この碗は土中に埋もれていたため、ガラスの表面の銀化が進み本来の透明性が欠けているそうです。

シルクロードを渡ってはるばる日本まで届いた1000年以上の年月の重みが、ガラス表面のくすみからうかがえる気がします。
 

 

ページトップへ