ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|一説:仙腰a尚作の“土牛”
私の名品コーナー
2010年01月29日

一説:仙腰a尚作の“土牛”


   博多区板付在住 大泉 紫光さん


仙腰a尚は現在九博で開かれている妙心寺派の禅僧で、江戸時代後期に20年間余り聖福寺の住持として過ごし、博多人に親しまれました。

書と絵画は沢山残されていますが、この“土牛”は珍しいそうで、箱書きに書かれている箱崎の豪農大藪氏が所有していたものとみられます。
 

ユーモアに富んでいた仙高ウんは、洒脱な達磨さんの絵を得意としていたようですが、大黒様もよく書いていたということで、この“土牛”の頭に大黒様が彫られていることから、本物ではなかろうかと所有者は自慢しています。


今回の妙心寺展にも仙麹の「鶴亀図」が展示されていますので、名品コーナーの“土牛”ともども見比べてみてください。
 


ページトップへ