ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|中国南宋の天目茶碗シリーズ
私の名品コーナー
2010年04月19日

中国南宋の天目茶碗シリーズ

         佐賀市在住 中嶋 英才さん 

その1.建窯の油滴天目茶碗

 所有者の中嶋さんは“美しいものに心惹かれる”普通の人ですが、中でも陶器、絵画、工芸品、建築等に強い関心を持っているとのことです。

それが不惑の域に入ったここ数年、偶然が重なったのか天命か、陶器への関心が深まった時に、中国の友人から日本で譲り受けたのがこの「油滴天目茶碗(ゆてきてんもくちゃわん)」だそうです。
 

 日本の国宝の専門誌で「天目」のことを知り、その中でも「曜変天目」の凄さを知ったそうです。
今回、譲り受けたこの小振りながら見事な文様が表れた「油滴天目茶碗」は、12〜3世紀の中国の南宋時代に建窯で作られたそうで、いまや自慢の名品だそうです。
 

これまでは自宅で“にんまり”眺めて満足していたが、これだけ完全な型で掘り出されたものは珍しいと言われ、九博の名品コーナーで大勢の人たちに見てもらいたくなったということです。
 


ページトップへ