ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|中国南宋の天目茶碗シリーズ
私の名品コーナー
2010年05月25日

中国南宋の天目茶碗シリーズ

         佐賀市在住 中嶋 英才さん 

その3.建窯の菊花天目茶碗

 前2つの茶碗は建窯でも有名な「油滴」と「禾目」の茶碗でしたが、今回のものは中嶋さんがその模様を見て自分流に「菊花天目」と名づけたそうです。
 

建窯の地からまだ同じものが出土していない様で、菊の花らしい模様もどうしてできたのか分からないということです。

南宋時代は150年と短い期間でしたが、この時代に中国は建窯を中心にすばらしい技術で陶器を生産しており、中嶋さん所有のこれら「天目茶碗」ももしかするとすごい評価を受けるかもしれません。
 

 

ページトップへ