ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|中国・清時代  出世のお守り“馬と猿”
私の名品コーナー
2010年08月23日

中国・清時代  出世のお守り“馬と猿”

             福岡市中央区在住 江原 大介さん

小さな銅製の馬に猿が乗った珍しい装飾品ですが、かなりの年代物で、今から200年前の中国は清時代のものです。
 

中国では、役人の試験にパスすることが人生の勝者への階段でしたが、そのお守りに使われたのが“馬と猿”だったそうです。
 

この“馬と猿”のお守りは、当時高貴な人しか持つことができなかったそうですが、江原さんは西安の市場で偶然見つけたそうで、以後、自分の人生の宝物としているということです。
 

ページトップへ