ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|名もない作者の拓本、南北朝時代の画像磚・青龍か
私の名品コーナー
2010年11月15日

名もない作者の拓本、南北朝時代の画像磚・青龍か

               筑紫野市在住 高野 眞幸さん所有



 現在九博で開催中の「誕生!中国文明展」で展示されている、左下の「画像磚・青龍(がぞうせん・せいりゅう」は、1958年に河南省のケ州市で出土したものです。
 
画像磚 青龍
画像磚 青龍  南陽市博物館
瑞禽神獣画像磚 青龍 拓本
 高野さん所有の、右上の「瑞禽神獣画像磚(ずいきんしんじゅうがぞうせん」の4神の1つ、「青龍」の拓本の元になった実物は、1957年に同じケ州市から出土したものだそうです。
 

 高野さんは出土の時期、場所が近く、作品名の表現も似ていることから、九博に展示の「青龍」と同じ文化財的価値があるのではないかと、秘かに自慢しています。
 それにも増して、その実物から見事な躍動感溢れる線の美しさで拓本にした、名もない作者にこそ拍手を送りたいということです。

 九博では、11月28日まで「誕生!中国文明展」を開催していますので、3階特別展示室に展示の作品とこの拓本を見比べてみるのも、又興味のあるところです。
 


ページトップへ