ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|皇女・和宮 降嫁の調度品か
私の名品コーナー
2011年09月14日

皇女・和宮 降嫁の調度品か

                            福岡市中央区在住 森山 喜代子さん所有


 男女の胡蝶が秋草と戯れる様を描いた、幕末の蒔絵手筥といわれています。
 

                                
 飛び立とうとするのは、皇室から離れて徳川家に嫁ごうとする和宮で、もう一羽の菊の花に近付こうとしているのは、14代将軍家茂であろうと思われます。                       
 

 和宮は1861年・文久元年に徳川家茂に嫁ぎ、政略結婚として公武合体を果し世情の安定に一役買いました。
 公武合体には賛否両論あり、穏やかならざる騒然とした世の中だっただけに、この程度の暗示的な図柄で和宮降嫁の調度品の1つとされたようです。
 

 森山さんは、このしっとりとした金箔の色合いがお気に入りのようで、時々取り出しては、激動の幕末を生き抜いた和宮を忍んでいるとのことです。
 


ページトップへ