ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|抹茶々碗の処女作のでき栄えは…
私の名品コーナー
2012年02月29日

抹茶々碗の処女作のでき栄えは…

                            福岡市中央区在住 吉岡 美千代さん所有
     

 電動のろくろを生まれて初めて回しながら、脳裏に描く抹茶々碗がほぼ想定通りに完成していく姿に、一種の畏敬を感じたという作者。
 

   
 これまでは観るか使う側でしかなかった抹茶々碗が、自分の練った土で徐々にこの世で型を成していく様は、神聖な領域に踏み込んだモノ作りならではの、研ぎ澄まされた心の響きを共有したとも言います。
 

   
 この処女作を見た著名な女流作陶家は“軸の定まりには非凡な才能を感じる”と言い、著名な茶の女師匠は“色・型とも茶席を盛り立てる”と評価は上々です。

 吉岡さんは余りのほめ言葉に、2作目を躊躇すると謙遜していました。
 



ページトップへ