ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|伝統工芸 博多おきあげ(押絵)
私の名品コーナー
2012年07月02日

伝統工芸 博多おきあげ(押絵)

                            福岡市南区在住  清水 清子さん
                            福岡市中央区在住 牟田 裕美子さん


 清水さん、牟田さん母娘は“博多おきあげ”の貴重な手造り職人であると共に、収集家でもあります。
 即ち販売をしていないので、自分で作っては自宅に保管し、何かの展覧会等に依頼されては出品しているそうです。
 


   
 毎年春先に九博のトンネル通路のショーケースに展示していますが、今回は本格的に館内の名品コーナーに展示です。
 
 福岡の山笠に合わせて、子供をモデルにした山笠少年隊の立体的でユニークな姿は、現物を実に細かく表現しています。
 


   
 “おきあげ”とは博多の方言で、通称は“押絵”と言われ、江戸時代に公家の上流女性のたしなみとして生まれました。

 今では後継者難で存続が危ぶまれていますが、清水さん母娘が細々と伝統を守り、根強い“おきあげ”ファンによって守られているのが実情のようです。

 九博には毎年、山笠終了後に飾り山が展示されますが、“おきあげ山笠”はそれより一歩先に九博にお目見えです。
 



ページトップへ