ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|古伊万里赤玉瓔珞(ようらく)碗10客
私の名品コーナー
2012年08月20日

古伊万里赤玉瓔珞(ようらく)碗10客

                            太宰府市在住  山浦 二三子さん所有

   
 お茶会での懐石料理に使う茶碗類は亭主の好みが反映され、客をもてなす見せ場の一つと言われています。
   
 この古伊万里の赤玉瓔珞(ようらく)碗は、山浦さんが30年程前に長崎の骨董屋さんで手に入れたものだそうです。
 

   
 用途は多岐にわたり、向こう付けから、吸い物、ご飯用にまでその時の亭主の感性と遊び心でいかようにも使えるとのことです。
 


   
 30年前、骨董ブームに乗って10客も一気に手に入れた時は、目玉が飛び出す程高価なものだったそうですが、今ではそのときの決断が生かされ、お茶席に華を添えてくれているようです。

 山浦さんは時々取り出しては眺めたり、お弟子さんとの席で何気なく使ってみたりで、あの時思い切って買ってて良かったと今では満足しているそうです。
 


ページトップへ