ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|大正初期、折り畳式コダックカメラ
私の名品コーナー
2012年10月12日

大正初期、折り畳式コダックカメラ

                            筑紫野市二日市在住  日野 捷義さん所有


   
 日野さんは写真館を業とする家系に生まれ、カメラには子どもの頃から親しんできたということです。

 このコダックのヴェスト・ポケット折り畳式カメラは、ヴェストのポケットに入る程小さいという意味で、叔父さんからもらったものだそうです。
 

  
 叔父さんは大正初期に東京で買い大事にして来たそうで、戦後まだ日本のカメラ製造技術が未熟で、ドイツのライカやアメリカのコダックが巾を利かせていた頃だっただけに貴重品でした。
 

  
 100年経った今も使えるそうですが、最近コダック社が倒産してフィルムが手に入らなくなったので、今では家の棚に飾っているということです。

 この写真は大分県の玖珠町で、昭和26年にこのカメラで撮影したもので、大麦を刈り取った後の千把作業の珍しい風景です。
 



ページトップへ