ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|復元!韓国井戸茶碗 第二弾 “花咲目砂(コツピン ヌンバギサバル)”
私の名品コーナー
2012年11月29日

復元!韓国井戸茶碗 第二弾 “花咲目砂(コツピン ヌンバギサバル)”

                            韓国河東在住  張 今貞さん所有

  
 前回に続き、韓国は慶尚南道の河東で作られた、張今貞さん所有の井戸茶碗の第二弾です。
 

  
 “花咲目砂”と名付けられた井戸茶碗で、茶碗の見込みの茶溜まりに重ねて焼いたロクロ目があり、外側には釉薬の縮れによる梅花皮(カイラギ)がまだらに飛び散り、まるで花が咲いているかのように見えるため付けられた名前です。
 


  
 井戸茶碗は450年ほど前に豊臣秀吉の朝鮮出兵で陶工が日本に連れ去られ、その後途絶えていたものが復元されたものです。

 発祥の地と目される河東で昔と同じ土と釉薬で作られたこの淡黄色の井戸茶碗は、使い込むことによって年輪の古色を帯びてくると言われており、これが青磁や白磁と異なるこの茶器の特徴でもあります。
 


ページトップへ