ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|中国切手シリーズ,切手から見る中国の変遷
私の名品コーナー
2013年07月23日

中国切手シリーズ,切手から見る中国の変遷

                            太宰府市在住  平野 勝昭さん所有


  
 九博では現在「中国 王朝の至宝展」が開かれています。

 この中国展の期間中、2人の日本人切手収集家が集めた切手を通じて“近代中国の変遷”を見ていく事にしました。

 2人の収集家は、太宰府在住の平野勝昭さんと筑紫野在住の清原弘之さんの2人です。


 世界最初の切手は、料金前納・全国均一の近代郵便制度の創設によって1840年にイギリスで発行された“1ペニー切手”でした。

 日本では1872年に前島密が郵便事業を国営化して切手を発行したのが始まりです。
 

2人の集めた中国切手の一部
  
 1回目の今回は1994年に中国で発行されたもので、経済特区の5種連刷です。

 中国では1979年に外資・技術導入目的の自由貿易特区を創設し、経済の改革・開放を目指しました。

 その時指定された5つの経済特区の切手で、左から深圳・珠海・汕頭・厦門・海南で、当時国民は許可証なしではこれらの特区には出入りはできませんでした。
 


  
 平野さんはこれからシリーズで紹介する中国切手を、終戦で中国から引き揚げ既に亡くなった東京の叔父さんから遺言で譲り受けたそうで、競売に出したりする気はまったくないそうで、時々引っ張り出しては楽しんでいるということです。
 



ページトップへ