ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|文化大革命時の切手シリーズA,書斎で執筆中の毛沢東(1967年発行)
私の名品コーナー
2013年09月17日

文化大革命時の切手シリーズA,書斎で執筆中の毛沢東(1967年発行)

                            筑紫野市在住  清原 弘之さん所有



 中国の指導者は達筆で、毛沢東に先がけ辛亥革命を起こして清朝を打倒し、新しい中国を建国した孫文などは日本にも多くの書籍を残し、今では文化財化されています。

 それに比べると毛沢東の肉筆はあまり目にする事はなく、今回のシリーズ文集7のこれ以外の4点セットの中で集中的に切手化し、珍品として収集家の関心を高めています。
 

  
 切手の右下に斜線が入っていますが、これは非売品ということで、貴重品であると同時に切手としての機能も果せないということだそうです。
 


  
 清原さんは中国の一部要人の収集用に作られ、今では中国でももう手に入らなくなったこの文集シリーズを、偶然北京市内で手に入れたそうですが、見る度にニンマリしているそうです。
 


ページトップへ