ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|唐時代後期の流金飛鳥仏(りゅうきんあすかぶつ)
私の名品コーナー
2013年10月15日

唐時代後期の流金飛鳥仏(りゅうきんあすかぶつ)

                            春日市在住  山田 靖夫さん所有


 

 仏教文化が全盛期の唐の後期(850〜950年頃)に作られたものだそうで、銅の地金の上に金メッキが施されたものです。
 

  
 インドで生まれた仏教はチベットを経て中国に伝わって来たもので、この仏像には釈迦の教えが込められているということで、山田さんは大事に保管しているそうです。
 

 

ページトップへ