ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|京都並河の七宝(しっぽう)焼き壷
私の名品コーナー
2014年03月20日

京都並河の七宝(しっぽう)焼き壷

                            福岡市中央区在住 野田 武輝さん所有


 七宝焼きの技術は奈良時代に中国から伝来したもので、以後日本独自の繊細な色彩が施され、明治時代には日本の有力な輸出商品として生産される一方、皇室の装飾品として珍重されてきました。
 


    
 この七宝焼き壷は、京都並河家で明治時代に作られたもので、壷の裏側にはその名称が刻み込まれています。

 並河家の特色は透明感のある深い黒が出せることだそうで、この数少ない作品の中にも静かな構図の中に気品に満ちた色使いが感じられます。 
 


 野田さんはかなり高額な金額でオークションで手に入れたそうです。

 小さいながらも時々手に取る感触や、蝶や草花のきめ細やかな筆と色合わせに心和む思いがすると言っています。
 



ページトップへ