ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|内田シリーズA 護身用銀粧刀
私の名品コーナー
2014年05月26日

内田シリーズA 護身用銀粧刀

                              太宰府市在住 内田 寿一さん所有
  
 


 
 韓国ではかつて、16才になると女の子は婚礼用の礼服を作ってもらっていたそうです。

 この護身用の銀でできた小刀とその付属品の耳かきや爪楊枝などは、その時一緒に作るものだそうです。
 


  
 女の身の潔癖を守るための小刀は、普段は飾り物として脇に差されているものでしょうが、いざとなれば相手にも向い自分の命を絶つためにも用意されていたものです。
 


  
 内田さんは韓国の歴史や文化に強い関心を持ちオークション等で掘り出し物を探しているようですが、この銀粧刀は長崎の友人から譲り受けたそうで、韓国の女性のたしなみを感じさせるこの品を大事にしているとのことです。
 



ページトップへ