ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|内田シリーズB 和銀と漆仕上げの拵(こしら)え
私の名品コーナー
2014年06月06日

内田シリーズB 和銀と漆仕上げの拵(こしら)え

                              太宰府市在住 内田 寿一さん所有
  
 

 日本刀の質と姿形が最も優れていた時代は、鎌倉時代の作品だと言われます。

 岡山県の備前、備中で良質の鉄が採れ、それを伝え聞いた刀鍛冶師がその周辺に集まって来たからです。

 内田シリーズの第3弾は、江戸時代に作られた脇差です。
 


  
 脇差のなかごに書かれた銘は“丹波守吉道”で、伊予松山藩15万石の松平家に伝わる名刀とみられます。

 内田さんは拵えの鞘に刻まれた、銀の控えめな彫刻と漆で仕上げられた絶妙なバランスに、この刀の持ち主の感性を感じると言います。
 
なかごの銘“丹波守吉道”

  
 刀のできは鍛冶師の打つ刀身が第一ですが、装飾的な要素が強くなってきた江戸時代になると、拵えにかかわる鞘、つば、縁など10位いのパーツの製作者の器量も大きな要素となっているようで、この脇差の細工は素晴らしいものだと内田さんは自慢しています。
 
銃砲刀剣類登録証


ページトップへ