ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|浅川シリーズ@ 1000年程前、中国北宋の天目茶碗か?
私の名品コーナー
2014年08月06日

浅川シリーズ@ 1000年程前、中国北宋の天目茶碗か?

                              朝倉市在住 浅川 龍大さん所有
  


 抹茶々碗の愛好家にとって“天目茶碗”はノドから手が出る程欲しい茶碗と言われています。

 もちろん現代技術ででも作られていますが、浅川さんはこの茶碗は1000年程の古い歴史を持つ、中国北宋時代のものだと父親から言われて引き継いでいるもので、手持ちの品の中では自慢の一品だそうです。
 


 油滴天目茶碗は九博にもあり、4階の常設展でひっそりと時には展示されていますが、非常に高価なものです。

 浅川さんの天目茶碗も色合いは見事で、風格が感じられます。
 

 全体的には小振りの抹茶々碗ですが、口縁部分が二重の珍しい作りで、貴重な天目茶碗に出くわしたと浅川さんも得意気です。
 



ページトップへ