ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|浅川シリーズD 江戸初期の文箱と薬入れ
私の名品コーナー
2014年09月30日

浅川シリーズD 江戸初期の文箱と薬入れ

                              朝倉市在住 浅川 龍大さん所有
  


 江戸時代の初期に作られた文箱です。

 裕福な武家か商家の家庭の生活の様子がのぞき見れます。

 漆の土台に金の蒔絵が施され、優雅な生活ぶりが見てとれます。
 


             
 こちらは外出のときに持ちまわる薬入れです。

 2段重ねの箱の部分を艶やかな紐で結んだ、おしゃれな薬入れです。

 根付には猿と蟹を入れ込んだきめ細かさも、伊達者の生活ぶりがうかがえます。
 


       
 天下泰平で戦国の世に終わりを告げた江戸時代の平和な生活ぶりが、こうした生活の付属品が如実に物語っています。
 



ページトップへ