ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|本物なら3000年前、西周時代の玉器
私の名品コーナー
2014年12月02日

本物なら3000年前、西周時代の玉器

                            福岡市中央区在住 野田 武輝さん所有



 日本では縄文時代、土器という原始的な陶器が作られていた頃、お隣の中国では西周という国で、今から3000年前にこうした玉jという祭祀用に使う玉器が作られていたという事です。
 

         
 この玉jは中国の特産の軟らかい石で、細工がしやすいという事です。

 両方とも上に穴が開いていますが、これは天を指し、地上と天との交信を果たしていたのではないかと思われています。
 


          
 この玉器が本物なら3000年程の年月が経っているという事で、手元でどっしりとした時代の重みが感じられます。

 玉器が好きな野田さんも、時々手に取って眺めると気持ちが落ち着くとのことです。
 



ページトップへ