ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|春の使者!おひな様揃い踏み
私の名品コーナー
2015年01月30日

春の使者!おひな様揃い踏み

                            太宰府市在住 橋本 梢さん制作・所有



 おひな様の決め手は顔の表情と着ている着物の良し悪しです。

 この2対のおひな様は一般的なおひな様ですが、着物が“江戸ちりめん”で作った優れものです。
 


            
 おひな様の本体はコルクや樹脂の軽い素材でできていますが、橋本さんは着物の材質に徹底してこだわり、“江戸ちりめん”をどこまでも追い求めて買出しに行ったり、ネットで購入したりして在庫を増やしているという事です。

 江戸時代に作ったちりめんは布に腰があり、柄も良くこれに勝るものはないという事です。
 


          
 作業工程で一番の難関は人形の本体に合わせて柄の配置を決め、それを本体の雛や曲がりに沿って布の端を押し込む、いわゆる「木目込み」の妙だそうです。

 イメージ通りに柄の「木目込み」が完成した時の達成感が最大の喜びで、今では趣味の域を越えて和工房「梢教室」を開き友人等に教えているという事です。
 



ページトップへ