ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|世界遺産登録 三池炭鉱産の石炭彫刻“布袋さん”
私の名品コーナー
2015年08月06日

世界遺産登録 三池炭鉱産の石炭彫刻“布袋さん”

                              大牟田市在住 大西 茂樹さん所有



 日本の近代化を支え、エネルギー産業の一大拠点をなした三井三池炭鉱は江戸時代から石炭の採掘が行われていました。

 1997年3月30日、粉塵大爆発事故や労使対決の歴史的な大争議等を経て、エネルギー革命の波に巻き込まれて閉山しましたが、一方で「石炭人形」等の特産品も作られ、地域の活性化にも務めていました。
 


     
 この黒々とした石炭で作られた“布袋さん”も、そうした特産品の一つで、鉱内の厳しい環境の中から掘り出される石炭を使ってユーモラスに表現した姿には、何かホッとした安らぎを感じさせられます。
 


              
 大西さんはこの“布袋さん”はお父さんから譲り受けたものと言っていますが、三池炭鉱が世界遺産に登録されたこともあり、改めて戸棚の中から引き出し懐かしんでいるということです。

 九博では現在、大英博物館展が開かれています。

 この中では世界規模の彫刻品が多数展示されており、比較するにはおこがましいかも知れませんが、大西さんの“布袋さん”もユーモアはたっぷりです。
 



ページトップへ