ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|兵馬俑シリーズA 品格と威厳の先導車
私の名品コーナー
2016年04月11日

兵馬俑シリーズA 品格と威厳の先導車

                            九州国博財団 廣ア 靖邦 所有


 世界遺産・秦の始皇帝陵から出土した遺品の中でも最大の発見は、四頭立ての銅車馬2両ではないでしょうか。

 中でもこの「始皇帝の先導車」はその品格と威厳においては群を抜いています。
 
 

        
 日傘の下で直立した御者は単なる一兵卒ではなく、皇帝の御者らしく相応の身分で四頭の馬を御していますが、全体の服装からこの馬車は軍用ではなく、特定の儀礼に際しての先導の役割を果しているようです。
 


        
 2両の銅車馬は1980年に始皇帝陵の西側から立て続けに発見されましたが、6000もの部品からなる複雑な形は、今から見てもその技術力・芸術性は驚異の域です。

 このミニチュアは10年前、当時の兵馬俑博物館の吴永h館長から贈られたものです。
 



ページトップへ