ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|対馬藩宗家伝来の“銚子”(ちょうし)
私の名品コーナー
2016年10月31日

対馬藩宗家伝来の“銚子”(ちょうし)

                               福岡市南区在住 赤星 真利子さん所有
            
                            
 
 この菊の御紋と五三桐の紋が入った“銚子”(ちょうし)は、対馬藩宗家に伝わる由緒ある品で、茶事の懐石料理で、酒を入れて杯に注ぐために用いられた道具です。
 


    
 本体は鉄製で、取手は銅製、蓋は木製で金蒔絵の「打ち出の小槌」等の絵が施され、品格に満ち、宗家歴代当主が愛用したものとみられます。

 宗家20代当主 義智が朝鮮通信使の来日交渉での功績が認められ、この五三桐の紋を拝領したとの記録があり、それ以後に作られ、その後の当主に愛用されたものとみられます。
 


        
 赤星さんご自身も金継と蒔絵をされていることから、この銚子に一目惚れして買い求めたということです。

 対馬藩は福岡や日田にも飛び地の領地があったため、どの茶席でこの銚子が使われていたのかと、思いを巡らしながら想像力をふくらませているということです。
 


ページトップへ