ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|茶の湯のたしなみ春秋の棗(なつめ)
私の名品コーナー
2017年04月12日

茶の湯のたしなみ春秋の棗(なつめ)

                              太宰府市在住 山浦 二三子さん所有
     
     
    
 茶の湯の心は“日本美”の凝縮ではないでしょうか。

 茶道での“日本美”とは「自然の美、用の美、しつらいの美、型の美」といわれ、その中の大きな要因を茶道具が占めています。

 この棗は日本人の繊細さを正に表す春秋の自然美です。
 


      
 春の風情を伝える“柳桜蒔絵”は「見渡せば 柳桜をかきまぜて 都ぞ春の 錦なりける」(古今和歌集 春の歌)から採ったもので、加賀塗の光沢が鮮やかなものです。
 


        
 一方秋の“誰が袖”棗は、表千家先代の即中斎宗家が好んだ棗だそうで、菊と籬(まがき)がちりばめられた輪島塗で中国の詩人・陶淵明の世界を表したものだそうです。

 太宰府で表千家の茶の道を教えている山浦さんは、一門の稽古の時に両方とも大事に使っているということです。

 棗はきらびやかな遊び心で客をもてなす“うす茶”の席で使われる大事な茶道具の一つです。
 



ページトップへ