ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|修行僧への合図“磬(けい)”、鎌倉時代の重文級?
私の名品コーナー
2017年04月26日

修行僧への合図“磬(けい)”、鎌倉時代の重文級?

                              太宰府市在住 黒田 隆史さん所有



 お寺で修行に明け暮れる僧侶に、食事や読経の合図に打ち鳴らす「へ」の字形の鳴り物。

 昔は打楽器であったが当時は鐘として用いられ“磬(けい)”と呼ばれた。

 起源は中国は唐時代で、正倉院の御物の中にも鉄磬があるが、これは鎌倉時代に藤原兼則が鋳造したもので、鍍金され重文級の値打ちものとされているらしい。
 


   
 糸で吊るして欅(けやき)のバチみたいなもので叩いて次の修行や行事を僧侶達に知らせていたそうで、吊るす糸の長さによって音色が変わる微妙な楽器だそうです。
 


        
 黒田さんはこの磬のことは前から知っていたようで、4〜5年前に岡山の篤志家から手に入れたそうで、今では時々打ち鳴らし、1000年程前の風情に想いを馳せては重文(?)の音色を楽しんでいるそうです。
 



ページトップへ