ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|唐時代の黄金の埋葬品
私の名品コーナー
2017年05月17日

唐時代の黄金の埋葬品

                              太宰府市在住 黒田 隆史さん所有



 この小振りの黄金の水差しは、形式、図柄から推測して中国は唐の時代、皇帝が祭祀用の水滴に使っていたものではないかと言われています。

 きめ細やかな表面の細工には、権力者の芸術的な嗜好がみてとれます。
 


        
 この水差しを鑑定した当代随一の彫金師・三橋国民氏によりますと、これ程の質の高い彫金技術は、現代作家の中では見当たらないと絶賛しています。
 


     
 黒田さんは友人から譲り受けたそうで、時には硯の水差しに使っているようですが、気分は往時の皇帝だそうです。
 



ページトップへ