ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|絡み獅子(からみじし)
私の名品コーナー
2017年08月10日

絡み獅子(からみじし)

                               福岡市南区在住 赤星 真利子さん所有


 “獅子”は百獣の王ライオンですが、中国から日本に伝わる過程で、想像上の霊獣に変化したと言われます。
 

          
  2頭の獅子がじゃれあっている様に見えます。

 備前焼は岡山県備前市周辺が産地で土の色がそのまま表れている焼き物です。

 ずっしりとした重量感と活き活きとした獅子の姿のコントラストが象徴的です。
 
備前焼(伝 江戸後期)

           
 こちらは色違いの3頭の獅子。

 鍋島焼は佐賀・鍋島藩の直営の窯で作られた高級磁器で、江戸時代は徳川将軍家など限られたところにしか贈られませんでした。

 頭や足の部分のひび割れを「金継ぎ(きんつぎ)」という技法で修復しています。

 漆などを使って接着したあとに、金や銀の粉をまいて磨きます。「金繕い(つくろい)」とも呼ばれます。
 
鍋島焼 江戸後期


ページトップへ