ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|鎌倉時代の名刀“大和国保昌貞宗(やまとのくにほうしょうさだむね)”
私の名品コーナー
2017年09月22日

鎌倉時代の名刀“大和国保昌貞宗(やまとのくにほうしょうさだむね)”

                              太宰府市在住 内田 寿一さん所有
  
   
 鎌倉時代の文保年間(1317年・18年)に刀工 大和国保昌貞宗(やまとのくにほうしょうさだむね)が製作した日本刀です。
 


           
 刀身の上部に彫られた溝を「樋(ひ)」と呼びます。刀の重さを軽くする目的と考えられています。

 鞘書は本阿弥光遜(ほんあみこうそん)。

 「正真 金子三百三十枚」と記されています。

 品質を保証する「折り紙」は、美術品や刀剣などの鑑定書として添えられたもので、「折り紙つき」という言葉の語源になりました。
 


           
 刀身の手元の部分に嵌める金具「はばき(鎺・鈨)」には、土佐・山内家の家紋「白黒一文字」が施されています。

 出品者の内田寿一さんは「刀としての品格があり、希少価値が高い」と話しています。
 



ページトップへ