ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|中島来・国長(なかしまらい・くになが)
私の名品コーナー
2017年11月17日

中島来・国長(なかしまらい・くになが)

                              太宰府市在住 内田 寿一さん所有
  

  鎌倉後期〜南北朝時代(約700年から650年前)の作と見られる。

 「来」一門は鎌倉時代中期以降に山城(今の京都府南部)で栄えた刀工集団。

 その後、摂津国中島(今の大阪市)に移住したため「中島来」と呼ばれる。
 
 

    
 鎌倉武士が腰に下げたといわれる豪壮な形の太刀で切れ味鋭い。

 反りが深く、刀身に樋(ひ・溝)が入っていて軽く、バランスもよい。

 当時の日本人の体格に合った品格ある刀。
 


     
 峰の部分に受け傷があり、実際に使われたことがうかがえる。

 白鞘(無加工の白木の鞘)には、虎斑(とらふ)という虎の縞模様が見える。
 



ページトップへ