ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|千寿屋久杉の面
私の名品コーナー
2018年05月23日

千寿屋久杉の面

                            太宰府市在住 内田 和美さん所有
         

 「魔除般若面」と「高千穂神楽面」。いずれも「谷情雲作」とあります。

 屋久杉は、世界自然遺産に登録された屋久島の原生林で育った樹齢1000年以上の杉で、成長が遅いため、年輪の幅がとても狭いのが特徴です。
 


 「魔除般若面」の額や鼻の部分は年輪の緻密さが現れています。

 隣に展示した「高千穂神楽面」と比較してみると、年輪の緻密さの違いがわかります。

 角度を変えて見ると、表情が違って見えます。

 「般若」というと、この面のように角の生えた鬼をイメージしますが、そもそもは古代インドのサンスクリット語で「仏さまの知恵」の意味です。
 


 高千穂神楽は、宮崎県の高千穂町一帯に古くから伝わる神楽です。

 神楽舞には、軽い桐の面が使われますが、展示の面は神楽の面をモデルにしています。

 年輪を利用したおおらかな表情の作品です。
 



ページトップへ