ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|火縄銃 銃身
私の名品コーナー
2018年07月23日

火縄銃 銃身

                              太宰府市在住 内田 寿一さん所有
  

 星梅鉢の紋が象嵌された火縄銃の銃身です。

 長さは101センチ。口径は直系1.5センチほど。

 江戸末期の製造と見られます。
 
 


          
 象嵌の裏側には「江州 國友源右衛門充胤」と彫られています。

 「江州」は今の滋賀県。

 「国友」は戦国時代から鉄砲の産地として知られた集落でした。

 「源右衛門充胤」が鉄砲鍛冶の名前です。徳川幕府の長州征伐に従軍したと言われます。
 

        
 横に飛び出している小さな穴のある部分が「火皿」。

 この穴に火薬を入れ、撃つときに火縄で点火しました。

 「火皿」をおおう金具が「火蓋」です。

 戦いを始めるときに使う『火蓋を切る』という言葉はここから来ています。


 江戸から明治に時代が変わり、火縄銃も使われなくなりました。

 鉄砲鍛冶の技術は、「自在置物」などの金属加工として引き継がれたといいます。
 


ページトップへ