ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|短刀 正宗
私の名品コーナー
2018年08月27日

短刀 正宗

 「正宗」は名刀の代名詞とも言われるほどの刀です。

 長さ28.8cm、「短刀」に分類されます。

 「正宗」は鎌倉時代の終わりから南北朝時代にかけて、相模の国鎌倉で活躍した刀工と伝えられます。
 


 刀の鑑定書「折紙」には次のように書かれています。

 正宗
 長サ九寸五分  無銘也
 代金子 参百枚
 寛文十二年 八月三日
 


 鑑定したのは、江戸時代の刀の鑑定家 本阿弥光常。

 日付の後に書かれているのは、光常の花押(署名)です。

 寛文12年は西暦1672年。

 金子300枚は、今の金額にすると数千万円以上とのことです。
 


ページトップへ