ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|おきあげ(押絵)
私の名品コーナー
2018年12月19日

おきあげ(押絵)

                        福岡市在住 清水 清子さん
                                   裕美子さん
        
            
 新春恒例、博多の「おきあげ」です。

 布細工を使った貼絵で、全国的には「押絵」と呼ばれます。

 中央の色紙は、新年の干支の猪親子。
 


             
 両脇の羽子板は6寸、18センチほどの大きさです。

 右から順に「お姫様」、「お雛様」、「光源氏」、色紙を挟んで「打出の小槌」、それに歌舞伎の「三番叟」、「助六」。

 お目出度いテーマが勢ぞろいしました。
 


               
 博多では、女の子が生まれると新春のお祝いに羽子板を贈る風習があります。

 羽根を突く羽子板は「災いを跳ね除ける」として、子どもの健やかな成長への願いが込められています。

 粋で華麗な歌舞伎役者が人気の主流で、贔屓の役者絵の羽子板を手にした娘たちは、着飾って新春を祝いました。
 


ページトップへ