ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|初期 伊万里
私の名品コーナー
2019年02月01日

初期 伊万里

                          日田市在住 伊藤 惠之輔さん


 薄くて硬い焼き物の磁器は、約400年前に朝鮮半島から連れて来られた李参平などの陶工が、陶器市で有名な佐賀県有田町で、良質な原料の陶石を発見し製造に成功したことが、日本での始まりといわれます。

 その磁器を、近くの港町・伊万里から出荷したことから「伊万里」の名がつきました。

 江戸時代初め、磁器作りが始まって間もない頃の作品が「初期 伊万里」です。
 

染付山水文皿
                   
 展示の皿は、いずれも直径20センチ前後。白地に青色の模様を描いた素朴な味わいが特徴です。

 左から順に、「染付山水文皿」、「染付老松山水紋皿」、「染付月に岩鳥線彫唐草文」、「染付鷺水草紋皿」、「染付花鳥紋皿」です。
 
染付老松山水紋皿
染付月に岩鳥線彫唐草文
                  
 「染付」とは、白色の地に酸化コバルトを使った顔料で絵つけした後、ガラス質の透明な釉(うわぐすり)をかけて焼く、陶磁器の技法です。

 有田焼はその後、赤を使った柿右衛門の赤絵やヨーロッパの貴族に珍重された豪華な金襴手など、色彩豊かな磁器として発展します。

 今回は初期伊万里の素朴な味わいをお楽しみください。
 
染付鷺水草紋皿
染付花鳥紋皿

ページトップへ