ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
私の名品コーナー
お問合わせ
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホーム私の名品コーナーとは私の名品コーナー|マダイとミノカサゴ(紙粘土)
私の名品コーナー
2019年04月03日

マダイとミノカサゴ(紙粘土)

                              太宰府市在住 内田 寿一さん所有
  

 今にも泳ぎだしそうなリアルなお魚です。

 マダイもミノカサゴもともに材料は紙粘土。

 内田さん手作りのオリジナル作品です。
 

              
 紙粘土は2〜3時間で乾いてしまうので、魚の形は手際よく作らなければなりません。

 釣り好きだった内田さんは、図鑑を見なくても形が作れるそうです。

 魚の形が出来上がったら、手に水を含ませて表面を整えます。

 ウロコやヒレは、千枚通しで線を彫ります。

 1〜2日して粘土が乾いたところで、水彩絵の具で色をつけます。

 ニスを塗った後、工作用の金粉・銀粉で光沢を出して完成です。

 内田さんは、独自の工夫で作り方を考案しました。
 


                 
 昭和62年に始めて、これまでに800ほどの作品を作ったそうです。

 今回は、新元号「令和」が大宰府にゆかりがあることから、「めでたい」との気持ちをこめました。
 



ページトップへ