ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
お問合わせ
私の名品コーナー
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホームトピックス|「京都五山」展 開幕14日間で早くも3万人突破
トピックス
2008年01月15日

「京都五山」展 開幕14日間で早くも3万人突破

禅の文化を今に伝える「京都五山」展は、正月元旦から九博で開かれていますが、13日(日)に早くも3万人目の入場者があり、今回の特別展を共催している当振興財団の専務理事 廣アから記念品が贈られました。
 

3万人目の入場者は、春日原からお越しの森山雅子さんと友人のお二人で「正月期間中は混んでいるのでこの日を狙って来ました」と、記念品を手に地元の利の喜びを語って頂きました。
 
九博では、16日から最初の展示替えで40点余りが入れ替わります。期間中にはおよそ半数が展示替えになり、毎週毎週見る人の目を楽しませる事になります。

この他19日(土)、20日(日)には、博多の承天寺を建立した聖一国師が初めて中国から持ち帰った当時の“うどん”を再現した「中世博多うどん」の実演も予定しています。
天満宮6000本の梅の花もつぼみをふくらませて、皆さんのお越しをお待ちしています。
 
ページトップへ