ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
お問合わせ
私の名品コーナー
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホームトピックス|“篤姫の時代展”始まる NHK人気で活況
トピックス
2008年07月15日

“篤姫の時代展”始まる NHK人気で活況

九博では12日(土)から「島津の国宝と篤姫の時代」展が始まりました。
今回のトピックスは二回に分けて“篤姫の時代展”に迫ってみます。

NHKの大河ドラマで高い視聴率を維持しているだけに人気は高く、初日の12日に3971人、13日(日)には6008人と多数の入館者があり順調な滑り出しとなっています。
 

会場には島津家の由緒ある「甲冑」や源頼朝からの直筆の文書など国宝49点と重文18点の合わせて100点が展示されていますが、九州でこれほど一堂に島津家の財宝が展示されるのは稀です。
 
 
【重文】紺糸威紫白肩裾胴丸大袖付 室町時代 都城市所蔵
【重文】紺糸威紫白肩裾胴丸大袖付 室町時代 都城市所蔵
島津家朝鮮虎狩絵巻 江戸時代 九州国立博物館所蔵
島津家朝鮮虎狩絵巻 江戸時代 九州国立博物館所蔵
秀吉の命に従って不本意ながら朝鮮に出兵した島津軍は、その恭順の意を示すために、朝鮮トラを捕える場面を絵師に描かせて残しています。
虎の肉と内臓が、体調を崩していた秀吉の栄養源になったということです。
篤姫に直接関連する遺品は今回は残念ながら少ないのですが、その中で、薩摩の果てから江戸城に上がったカルチャーショックを、地元の人達に伝える意味で篤姫が持ち出したと言われる大奥の間取り図は、その当時では大変な企業秘密だったに違いありません。
 
【国宝】大奥向惣絵図 江戸時代 東京大学史料編纂所所蔵
【国宝】大奥向惣絵図 江戸時代 東京大学史料編纂所所蔵

篤姫を求めて生誕地 鹿児島へ

ページトップへ