ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
お問合わせ
私の名品コーナー
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホームトピックス|豪雨禍の九博“阿修羅展” 28日(火)から再開
トピックス
2009年07月27日

豪雨禍の九博“阿修羅展” 28日(火)から再開

太宰府地方は24日(金)から3日間で600ミリを超える豪雨が降り、九博も周辺の土砂崩れや交通機関の停止などもあり、26日(日)は午前中で臨時休館としました。

天満宮とのアクセス路のトンネル付近で、土砂崩れはありましたが、安全点検の上、人の通行に支障なしとの結論に達し、28日(火)は通常通り阿修羅展を再開することにしました。
 
しかしながら、九州歴史資料館側駐車場(南側駐車場)から道路に一部危険箇所があり、南側駐車場は全面閉鎖となります。

東側駐車場は使用可能ですが、台数に限りがあり、大混雑が予想されるため、ご来館の際は公共交通機関をご利用ください。
 
阿修羅展は平日でも一日4〜5000人の入場者があり、土、日は1万人を超えるファンで午前中からにぎわっており、午後の方が今のところ比較的待ち時間も短くなっています。
 

ページトップへ