ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
お問合わせ
私の名品コーナー
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホームトピックス|国宝兄弟鐘の撞(つ)き比べに延べ3000人
トピックス
2010年01月18日

国宝兄弟鐘の撞(つ)き比べに延べ3000人

九博で開催中の「妙心寺展」に26年ぶりに共に展示されている、京都妙心寺と地元観世音寺の国宝の兄弟鐘の撞(つ)き比べが、去る16日(土)と17日(日)の2日間行われました。

“カーン”と甲高い京都的洗練された音の妙心寺に対して、観音寺は“グアーン”と使い古した庶民的な音色を感じさせました。
 

2つの鐘が並ぶ1階のエントランスホールでは、午前と午後の2回3度ずつ撞かれ、周りを取り囲む満員の信徒さんを始め、一般の来館者も2度とない鐘の共演に聴き入っていました。
 

このビッグイベントの後、2つの鐘は特別展の会場内に展示されますが、次は2月9日からいよいよ「龍虎図屏風」も展示されることになっています。
寒気団もそろそろ北に遠ざかり、太宰府も梅の花が蕾をほころばせ始めましたので、どうぞお気軽にお越しください。
 

ページトップへ