ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
お問合わせ
私の名品コーナー
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホームトピックス|新緑の天満宮、今が見頃51本の千年樟
トピックス
2010年04月28日

新緑の天満宮、今が見頃51本の千年樟

太宰府天満宮の境内には天然記念物の樟の木2本をはじめ、千年樟と呼ばれる大木が51本あり、今でなければまた1年見られない萌えぎ色の樟若葉が所狭しと葉を広げています。
 

若葉が成長する勢いのシンボルともいえるこの薄緑色の時期は、連休明け頃までしかないということです。

境内のお茶屋周辺の菖蒲池には、つつじや藤の花も咲き乱れており、酸素をたっぷり含んだ空気は、都会の喧騒を忘れさせてくれます。
 


おいしい空気を吸って食事の後には、九博でパリから里帰りした古伊万里展を見るもの乙なものだし、その逆もまた楽しというのがこの時期ならではの太宰府です。
 

ページトップへ